2014年09月21日

全日本実業団

アオキクンとは大人の事情で航空会社が異なるため広島空港で集合です。
何でもお母様もワタクシの応援のためにはるばる仙台からいらっしゃるとのこと。
→後でよく考えたら普通にアオキ兄の応援でした。

予定通り飛行機に乗り無事広島へ、、、のはずが、いきなり
・向かい風が強いため定刻より遅れる旨のアナウンス
次に広島に着いてからも
・駐機場が混み合っているため、空くまで待機のアナウンス
8:15着予定が降りたのが8:40。スタートまで50分しかありません。正直かなり焦りました。
とっくに着いていたお二人に挨拶もそこそこに合流し、タクシーに飛び乗りレース会場へ。

既に自転車とウエアの準備は万端なので着替えてアップしますが、スタートの15分くらい前からセレモニーが始まり満足にアップできず。
そうこうしているうちにスタート。
ペースが速いのか自分の調子が悪いのか、アップの時に感じていたこの上ない脚が重さがそのまま残って消えません。まるで朝練直後のような倦怠感です。

そして1周目なのに上りで脚が止まり終了。
意外に自分以外にも遅れた人が多く20人くらいの集団で走り続けますが、半分位の80kmで下ろされました。
ただ単にアップ不足だけなのか、強行日程か、はたまた実力通りなのか、何が原因か特定が難しいですが、ここまで走れないレースは初めてでした。


あまりにショックなので、空港のお好み焼き屋で盛大に反省会。
思う存分お好み焼きと地ビールを堪能しました。

羽田に着いてからも、反省が足りん!と言われアオキクンと蒲田で反省会。
20140921_195101.jpg
今回は補給の機会が何度か有り、アオキクンが居てくれて助かりました。
また、他チームながら自転車を往復運んでくれた方、受付やゼッケンなどの準備をしてくれたチームメイト、わざわざ仙台から応援に来てくださった(違)アオキクンのお母様、サポートして頂きありがとうございました。
全く報いることのない走りでしたが、次戦のいわきクリテは一番相性の良いレースでもう後がないので何が何でも、、、







posted by mikiya at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | レース

2014年04月26日

群馬CSCロードDay-1

走り終わったら腹筋と太腿を攣りました。自転車乗っている時に未だ攣った事が無いのですがそれを打ち破るところでした。
それくらい追い込みました。いや追い込まれました。



7周/20周のペースアップの際にメイン集団から15〜20人位の集団で離れてしまい、分裂直後はその集団についていくのもかなり厳しく心臓破りで千切てしまいました。
しかし運の良いことにバックストレートの下りでCOMカーに追いついたのでカーペーサーで小集団に復帰。
後は完走を目指して淡々と。のはずですが、小集団だと1周に1回は先頭を牽く時間がありこれがツライです。
あの手この手でパスしようとしますが、毎回は通じず、周回を重ねるごとに自分の脚はドンドン削られメイン集団との差は広がる一方。
しかし耐えに耐え、最終周の心臓破りで前の小集団に追いつくためのペースアップで千切れたものの、何とか完走できました。

欲を言えばメイン集団に残れる位置に居たかったですが、序盤はホントにキツくて前に上がるどころではなかったので仕方ないかなと思います。
これで明日の走行会の調整はバッチリです。

しかし、初めて補給でコーラを飲みましたが、キツイ時に飲むコーラがこんなに美味しいものだとは思いませんでした。
また、タイム差表示も助かりました。
サポート頂いた皆様ありがとうございます。
posted by mikiya at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | レース

2014年04月22日

白浜クリテ決勝

決勝まで4時間近くあり、雨も降っているので一旦宿へ撤収。

お昼ご飯とお土産を買いに「とれとれ市場」へ。
お土産買うのに色々と目移りしてしまい、集合時間に遅刻。最近オバちゃん化しているのか、必要以上にお土産を買ってしまいます。
「そんなに買ってどうやって輪行で帰るの?」と突っ込まれましたが、ヤマグチさんに泣きついて送ってもらうことで事なきを得ました。
飛行機乗る直前、関空で551蓬莱の豚まんをしこたま買い込んだのは内緒です。

宿でごはんを食べ、昼寝をして1時間前に会場に戻りますが相変わらずの雨。
雨の中アップに出かけると、朝と同じコースに関わらず脚の感覚が全然違い完全に終わっている状態。前日のチームT.T.と午前中の予選で使い果たしてしまったようです。

しかし今回はチームポイントが加算される最低限の3人出走なので完走は絶対条件です。
誰か一人は完走ポイントよりも高い20位以内に入りたいところ。
個人的には後ろに付いているだけではなく、一度は先頭に出て展開に加わる。できればアタック。
という宇都宮クリテよりも中身のある走りをしたいと思いスタート。

雨が降っているため視界が悪く、細かい砂粒がキャップとサングラスの隙間から目に入ってきて悩まされます。
断続的にアタックがかかりペースが緩みませんが集団内に居る分にはキツくなく、むしろ強度が落ちると寒いくらい。
楽な集団最後尾付近を走っていても仕方ないと思い中盤で先頭付近を見学しに行きました。



Video streaming by Ustream(31:40位〜)
先頭には出られてものの、これまた半周ももたずズブズブと定位置の集団後方へ。
一瞬であればまだしも、長い時間前方で展開するには脚が足りません。

最後はまた前方に上がろうと思い息を潜めていましたが、ゴールが近づくにつれ殺気立った集団内でそんな立ち振る舞いは許されずそのままなだれ込みました。
結果は34位。20位以内ははるか及ばず。
しかし、1ヶ月前の宇都宮クリテから考えると走れるようにはなっているので、少しずつでも確実にステップアップしていきたいと思います。

次は今週土曜日の群馬です。120kmと長いこともあり正直こっちの方が不安です、、、




posted by mikiya at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | レース

2014年04月21日

白浜クリテ予選

まずは予選です。
約60人エントリー中の上位30人に入らないといけません。
距離は20qと短く30分足らずで終わってしまうので、最初からガンガン、、、ではなく自分の脚に自信がないので最後のスプリント狙いです。

出走前からポツポツと降っていましたが、スタートしてしばらくすると路面が濡れるくらいに。
ちょっと怖いですが空気圧を落としておいて良かったです。

集団内で脚をためつつ走っていると、いつの間に逃げが決まっています。
しかもコースサイドからは14人との情報が。
予選では逃げが決まると圧倒的に集団が不利になります。
決勝ならば着順ありきなので集団が追うのですが、予選は通ることが第一なので脚を削りリスクを冒してまで逃げを潰すメリットが少ないためです。

万事休すですが、集団から飛び出す勇気も脚も無いので待機です。
ラスト2周。集団後方でどうやって上がろうか考えていると、チームメイトのヤマグチさんが
「上がりましょう!」と言ってホームストレートの終わりかけでアタック。



Video streaming by Ustream
(1:02:10付近〜ヤマグチさんの素晴らしいアタックが映っています)

すかさず便乗して集団から抜け出しますが、半周しかもたずバックストレートの終わりかけで吸収。
そしてラスト1周。ここからが踏ん張りどころで位置を下げないようにしないといけません。
しかしズルズルと下がっていき、そのままゴール。
これは完全に予選落ちした、、、と思っていましたが、28位で残っていました。

実業団ホームページ上のリザルトではなぜか33位になっていますが、、、。ともかく決勝進出です。
落車にも巻き込まれず運が良かったです。
アオキ兄が集団内に見えないなと思っていたら逃げていたようで、ゴール後「いやあ、逃げに入ったらゆっくりでホント楽でした」とのご発声にイラッとしたのは言うまでもありません。

jbcf_shirahama-1_s.jpg
アオキ兄の雄姿は実業団ホームページのトップを飾っています。

そして昼過ぎに決勝です。
posted by mikiya at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | レース

2014年04月20日

チームタイムトライアル

何とか最後まで走りきりましたが、自分がイメージしていたしていたほど先頭を牽けませんでした。
もろに横風になり、斜め隊列は難しかったです。

バトンホイール、ディスクホイールやエアロヘルメットなど機材を貸していただいた皆さんありがとうございます。
機材は無事です。安心してください。

さて、今日はクリテリウムです。
朝の予選を何としても通らねば、、、
posted by mikiya at 05:30| Comment(0) | TrackBack(0) | レース

2014年03月23日

宇都宮クリテ

今のレベルだと良くて完走と思っていましたが、やはりその通りでした。
落車が頻発し引っかかって脚を使ってしまうことが多かったですが、後方でずっと走っていたので仕方ありません。
全く展開に加われず、チームメイトの役にも立てずただ完走しただけになってしまったので、1ヶ月後の次戦までには乗り込んで調子を上げたいと思います。

P1330582.jpg

今回は運転せずに楽してしまいました。オオノさんありがとうございます。
また、現地で応援して頂いた物好きなお客様もありがとうございました。不甲斐ない走りでしたがこの悔しさを忘れないよう練習に励みます。

posted by mikiya at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | レース

2014年01月26日

開幕戦

実業団の開幕戦が3/23の宇都宮クリテリウムに決まりました。

要項によるとP1は67.5km。結構長いですね。
予選なしの一発決勝で想定参加人数は120名。
それは大変なレースになりそうです。早速コースを確認。
20140126_2.jpg
1周2.7kmで長方形のコース。
ストリートビューを見てみると、
20140126_1.jpg
片側2車線のだだっ広いコースでした。
いわきクリテのようなコーナーが連続するテクニカルなコースを期待したのですが残念です。
でもサーキットではなく公道レースなので楽しみです。
開幕まで2ヶ月。練習しなければ、、、
posted by mikiya at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | レース

2013年11月12日

JCRC西湖

日曜日はメカ様のお供で西湖に行ってきました。
去年は雨に降られ寒さにやられましたが、今年も雨予報。
嫌な予感はしましたが、スタート時に気温は16度くらいあり強風ながら雨も上がっていました。

しかし疑り深いワタクシは雨が降るだろうと予想し、空気圧を落としレインウエアを持ってスタートすることに。
作戦は最後のスプリントだけ狙い、アンカー賞。うまくいけば入賞。

序盤は最後尾をヒラヒラ。
しかし、というかようやく3周目くらいで異変に気づきます。
ホストチームのアンカーの選手が集団内に全然見えないのです。

集団の秩序を守り、逃げが発生すれば集団からアタックする素振りを見せつつ絶妙に潰し、最後はトレインを組んで安全にスプリントで締めさせてくれる番人たちです。
つまり、例年であればアンカーチームがコントロールしている限り逃げることは不可能と言え、今年は素直に最後だけ狙うことにしていました。

隣を走っていた知り合いの選手に「アンカーって何人出ているんですかね?」と聞くと「一人ですよ」とのこと。
ああ、マズイ。なんで早く気付かなかったのでしょう。
イソイソと先頭付近に上がっていくものの、既に3人の逃げが決まったあとでした。

今後の展開として
・アタックして逃げを追走
・集団で協調して逃げを追走
・最悪逃げ切られることも覚悟し、他力本願で集団待機。
の3つが考えられます。
今日はズルく走ると決めたので集団待機。

他人事みたいで上から目線に聞こえますが、逃げようとする選手は好感を覚えます。
自分を含め最後だけ狙っている選手に一泡吹かせて欲しいところです。(集団で真面目に追走していた選手には申し訳ないですが)

ラスト2周に入ってからは前方に位置するようにし、そしてそのままに逃げは捕まらずにラスト3km。
ここからは抜きづらくなるので10番手以内に入っている必要がありますが、うまく入り込みクリア。
直角コーナーを抜けアンカーの選手の番手に付け、最後の直線で3番手。

2番手のアンカーの選手が掛ける前に蓋をしつつ抜き去り、集団の頭!のはずが全然伸びずに最後捲くられました。弱い、弱すぎます。
まあ、アンカーの選手はオープン参加なので順位は変わらず4位ですが。

そんなこんなで、無事入賞とアンカー賞を頂けました。
これから年末まで真面目に仕事したいと思います。

Sクラスのレースの模様が見やすく編集されてましたので、拝借して貼り付けさせて頂きます。

最後のスプリント(4:30くらい)は捲くられているところです、、、
posted by mikiya at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | レース

2013年11月07日

ツール・ド・ジャパン西湖ステージ

先日はサイクルモードに出向き、いろいろ見て回ってり著名な方と記念撮影してきました。
個人的にはシマノのフィッティングシステムが面白かったです。

そして、当店の一大イベント、ツール・ド・ジャパン西湖ステージがいよいよ近づいてきました。
いや、メカ様の、一大イベントと言っても過言ではないでしょう。
トレーニングはもちろん機材やら何やらかなりの気合の入りようです。
今年は期待できますよ。

ワタクシは身の丈にあったアンカー賞狙いです。
※お知らせ - 2013年9月24日
第5区分(S、A、B、O)の各クラスで、ブリヂストンサイクル・アンカー車を使用している選手、上位3人にアンカー賞を贈ります。


P1320529.jpg
借り物の自転車感満載ですが、ポジションはバッチリなので気合を入れて狙っていこうと思います(アンカー賞を)。

とういわけで、11/10は臨時休業とさせて頂きます。
よろしくお願いします。
posted by mikiya at 19:37| Comment(6) | TrackBack(0) | レース

2013年10月07日

いわきクリテ決勝

昨年は逃げ切ったものの2位に終わったこのレース。
勝つことだけを考えスタートラインに。

作戦としては、やはり逃げ切ることです。
昨日の予選を考えると難しいかなと気弱になりますが、今日の決勝は直角コーナーが4箇所加わった逃げる方に有利なコース設定です。
ゴールスプリントを狙う選手が多ければ多いほど逃げが決まりやすくなります。

スタートすると横浜高校の石上選手がアタック。
P1310750.jpg

逃げる強い意思があり、実際その脚があるのは片手で足りるほど。
この石上選手と樋口選手はその最右翼として考えていました。

P1310757.jpg

迷わず追走し全力で踏むも、逃がしてもらえずに3周で吸収。
例年だったら序盤だし普通に放置してくれるのですが、今年はそういう訳にはいかないようです。
その後散発的にアタックする選手がいますが、自分のリスト外なので追わず。

脚を休めたところで7周目にペースアップを試みます。
分かりやすくアタックすると追われるので、こっそり先頭でペースを上げ牽き千切る考えです。
石上選手や阿部先輩と数周にわたり先頭で踏みまくりますが、後続は離れません。
P1310799.jpg
P1310806.jpg
P1310812.jpg
P1310816.jpg
P1310824.jpg

ペースを緩めたところでチクリHIDEの丸山さんと、リーダージャージの今井選手が抜け出します。
周りが疲れたところで行くと逃げも決まりやすくチャンスなのですが、二人で行きそうだったら追走しようと思い少し様子見していたら吸収。

そのカウンターでまた石上選手と抜け出しを図ります。
P1310865.jpg
しかし指示だけ出してくれる車掌さんを連結してしまい、ローテーションがうまくいかず失敗。

そうこうしている終盤に。
そろそろ、アタックを成功させる必要があります。

と思ったら19周目に入るところの直角コーナーで落車してしまいました。
集団前方で転んだのですが、他の選手を巻き込まなく良かったです。後ろを走っていた方、ご迷惑をおかけしました。
石畳区間なのですが、ほんの数センチの幅で隙間から土が盛り上がっていて、ラインを外して曲がったらそれに乗り上げたようです。

残り6周なので、ニュートラルが受けられます。
右側に転んだのでリアエンドがもろに曲がっています。
動転しながら代車を持つ妻を探すものの、反対側のピットに待機していて見つからず。

他にサポートもおらず、仕方ないので手でエンドを曲げてチェーンを直していると、SPACEの佐藤店長が駆け寄って来て下さいました。
リアメカの調整、役員へのニュートラルの確認をして頂き、残り4周時に無事集団復帰できました。
本当に助かりました。他チームなのにありがとうございます。

集団に戻ると丸山さんが単独で逃げていますが、まもなく吸収。
カウンターでの金子選手のアタックに追走し残り3周逃げ切りを図ります。
P1310922.jpg

しかし、これも逃がしてもらえず。捕まった後の残り2周で樋口くんがカウンターアタック。
一瞬躊躇しますが、これは勝ち逃げになると思い追走。
表彰台を狙っているのであれば集団待機ですが、自分が目指しているのは勝つこと。
行くしかありません。

わずか数メートル。
こちらも全力で走りますが、それが詰まりません。

追いつかないまま最後の直線へ。
P1310944.jpg

P1310948.jpg
樋口くんを捕まえられなかったことで優勝はなくなりました。
しかし集団も離れているので、最低でも2位は欲しいところ。
粘りますがラスト50mくらいで抜かれ終了。詰めの甘さが露呈しました。

本気で狙っていたレースなのに結果が残せず、悔しいとしか言い様がありません。
ただし落車は自分の不注意が原因だし、その時にサポートして頂き集団復帰できたのは本当に不幸中の幸いです。
今の自分が持っているものは出し尽くしました。悔しいけど、楽しめたレースでした。
樋口くん、おめでとう!






posted by mikiya at 06:17| Comment(0) | TrackBack(0) | レース

2013年10月06日

いわきクリテ敗者復活戦

慢心かもしれませんが、まさか敗者復活戦まわりになると思わずその準備を全くしていませんでした。
8:30からのレースに間に合うよう朝食を早めてもらい、スケジュールも組み直します。
会場の近くに宿を取っておいて良かったです。

当日1時間前に会場入りし、アップしレースに臨みます。
25人中10人上がりと、それなりに厳しい戦いですがもう後がありません。

ペースを落とさず走り集団を休ませずに、人数を減らすことで10人に残ることにしました。
しかし、いきなりチクリHIDEの丸山さんがアタック。
行くしかありません。
P1310662.jpg
さすがに集団も付いてきますが、力ずくで牽き千切り二人に。

P1310737.jpg
ウエットな路面にビビリ、丸山さんから離れてコーナーを回るワタクシ。

丸山さんに多く牽いてもらい、周回を重ねます。
P1310670_1.jpg
20秒前後のリードを得ると、それを保つべく自動運転。きついですが、後ろの集団にいるよりマシです。
そしてそのまま逃げ切りゴール。



脚は使いましたが、無事決勝に駒を進めることができました。
ひとまず安心です。
4時間後の決勝に備え、惰眠を貪るのでした、、、
(続く)
posted by mikiya at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | レース

2013年10月05日

いわきクリテ予選

心配していた雨は昼前には上がり、コースはほぼドライの状態で臨めました。
予選落ち⇒敗者復活戦まわりは避けたいので気合を入れて臨みます。

スタート前にスキップ阿部先輩と、レース会場では久しぶりの再会。
P1310539.jpg
大怪我したのに復帰がとてもつもなく早いです。

P1310540.jpg
他にも顔見知りに声をかけ、色々と探りをいれ情報収集です。

そしてスタート前の精神統一。
P1310541.jpg
目が泳いでいる方が若干一名。

P1310545.jpg
本命馬の横浜高校樋口くんにも探りを入れますが「すっごい調子悪いです」とのこと。若者の調子はオジサン基準では測れません。

そして、スタート。
2周目で樋口くんがいきなりアタック。
P1310549.jpg
イソイソと付いていき逃げの体制に。

P1310554.jpg
しかし本気で踏んでも集団とのタイム差は広がりません。

そして、チクリヒデの丸山さんも合流。
P1310561.jpg
しかし逃がしてもらえず、6周目に吸収されました。

その後は集団内で脚を休め、最後のスプリントに備えるかな、、、と思ったら、ラスト5周にまた樋口くんがアタック。
ついつい反応。
P1310610.jpg

その後は二人で歯を食いしばりながら、いや口を大開放しながら
P1310617.jpg
逃げ、、、

P1310624.jpg
と思ったら、先輩風を吹かせて牽かせすぎ一人に。自業自得です。
残り2.5周。集団に戻る選択肢もありましたが、敗者復活戦という保険があるので逃げ切りを目指します。

P1310638.jpg
残り1.5周。ペースが上がらず詰められます。

P1310652.jpg
そしてラスト。撃沈。

散々引っ張っておきながら何ですが、結果は予選敗退で敗者復活戦まわりになりました。
明日は早起きして「おはようレースです」。



走行データ

20131005_1.jpg
posted by mikiya at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | レース

2013年10月04日

いわきクリテ

いわきクリテ参戦のため、明日、明後日とお休みさせて頂きます。

例年、日曜日の敗者復活戦から参加でき、日帰りで行けたのですが今年はそれが認められなくなってしまいました。
というわけで、大手を振って店長とメカ様の冷たい視線を浴びながら、土日で行ってきたいと思います。

しかし、両日とも雨予報。
寒そうだし、コーナーが多く石畳区間があるコースでウエットなのはイヤですが、条件は全員同じなのでそれを味方に付けてがむばりたいと思います。
posted by mikiya at 21:05| Comment(2) | TrackBack(0) | レース

2013年09月22日

全日本実業団

昨日はレースでした。



走行データ

結果は26位。
もちろん良くないのですが、内容もイマイチでした。
昨年は走りが悪くとも結果オーライ的な順位が多かったのですが、今年は幸か不幸かそれがありません。

次戦は10/5-6のいわきクリテです。
元々狙っていましたが、本当にラストチャンスになりました。
P1310230.jpg
ネコたちの冷たい視線に負けずがむばりたいとおもいます。
posted by mikiya at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | レース

2013年07月14日

石川ロード

残念ながら桃は手に入りませんでした。

自分のことは棚に上げて、他力本願ではいけませんね。
自分はラスト1kmまで粘ったのですがそこで千切れ、今年もゴールスプリントに加われず。
詳細はまた後日(多分)。

今日の走行データです。
https://cyclo-sphere.com/w/d857b95502ad1b5e3355db7192e0e35c0e5abc88245b394185f190c5e3ef099a
効率、出力とも左右差が大きく出ています。

今年もあんこ餅、うどんそして冷たい麦茶を頂いた接待所。ご馳走様です。
P1300360.jpg
posted by mikiya at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | レース

2013年06月02日

熊野第3ステージ

相性が良く、得意な第3ステージ。
KUMANO_3.jpg
登りは約10%が700mとそれほどキツクないですが、登ってもすぐに下らず休みどころが無いコースです。

例年通り逃げが出来そうなら反応し前々で展開しようと思っていましたが、位置取りを間違えると千切れそうなハイペースに集団内で金魚の糞状態です。

もう最後のゴール勝負を狙うしか有りません。
ラスト5kmで先頭付近に位置し、下りを後ろで入らないようにします。
ラスト1kmで10番手くらい。ゴール前は強烈な向かい風なのを考えると、最良の位置です。

そして、スプリント開始、、、と思ったら右側から一気に被せられ、前方が塞がりモガけず終わりました。
本来その右側のラインで行かないといけなかったのですが、、、
展開に加われず最後だけ狙おうなんて、都合が良くいきませんね。

無事3ステージ終了しました。
今年は車も壊れず、ヘルメットやパーツを調達してもらう必要も無く、前川さんの手を煩わさずに済みました。

自分は納得の走りが出来ませんでしたが、いい加減目が覚めました。マジメに練習します。

一緒に行った内房レーシングのサワノさんは表彰台に登りまくっていました。
IMAG0771.jpg
隣は横浜高校のヒグチくん。こちらも不利なジュニアギヤ使用ながらいつも着に絡んでいました。

posted by mikiya at 17:38| Comment(4) | TrackBack(0) | レース

2013年06月01日

熊野第2ステージ

昨日は最速の9時就寝。
5時まで爆睡したところ、寝すぎて眠いです。

部屋の窓からは日の出が見えました。
IMAG0760.jpg
ああ、ありがたや。

レースの方は千枚田の上りで我慢できず千切れ、下りで追いつけず終了しました。


レースの方はイマイチですが、那智勝浦のグルメと温泉を堪能しています。
明日で最終日と思うと寂しい限りです。
今晩中に買い溜めたお酒とお菓子を処理しないと、、、。
posted by mikiya at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | レース

2013年05月31日

熊野第1ステージ

昨晩は10時前に撃沈したところ4時頃目覚めてしまい、起床時間まで暇を持て余します。
ホテルの中をウロウロしていたらフジムラさんに見つかってしまい「徘徊老人」と言われてしまいました。お互い様な気もしますが、、、。

さて、今日の第1ステージは平坦基調ながら両端の折り返しはテクニカルで集団が伸びるので、脚を使わないように集団前方にいることが求められます。
20130531_1.jpg

スタート前の監督会議では驚愕の事実が発表されます。
E1〜E3まで15秒間隔でスタートするのこと。速攻集団は一つになるでしょうから200人で走ることになります。
ただでさえ落車が多いこのコースで、それはさらに状況を悪化させます。

これは座して死を待つより、悪あがきするしかありません。
追いつかれないようにスタートアタックして逃げられるところまで行く作戦です。

スタートすると同じことを考えている選手がおり、3人で集団から抜け出します。
他の2人は自分より脚がありハイペースで回し続けるうちに、振り返っても集団が見えなくなりました。
しめしめ、と思っていると折り返しが近づくにつれて集団が迫ってきて、折り返し直前で吸収されてしまいました。
まあ、暗くて危ないトンネルを集団で通過せずに済み良かったです。

集団に戻ってからは脚を休め最後のスプリントに備えます。
ゴール前の直線は予想通り集団が不安定になり、スプリントが始まると自分のすぐ右前を走る選手が落車し、自分も覚悟しましたが奇跡的に転ばず済みました。
しかし位置を下げてしまい、スプリントに絡めず終了。

頭では分かっているのですが、ゴール勝負での位置が後ろ過ぎます。
非常にもどかしいのですが、レースは明日、明後日と続くのでこの反省を生かしたいです。

posted by mikiya at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | レース

2013年05月30日

熊野入り

明日から始まる3day's 熊野 に参加するため、那智勝浦に泊まっています。

IMAG0758.jpg
5人6台満載です。
自転車の方が多いのは誰かさんが2台持ってきたためです。

とりあえず明日は天気が良さそうなので何よりです。
posted by mikiya at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | レース

2013年05月26日

大井埠頭ロードレース

午前中は大井埠頭で行われたTOJの前座レースにコッソリと参加してきました。

最終周、あまりに派手な落車の多さに言葉が見つかりません。
他人を批判するにも、それは多少なりとも自分にも当てはまります。
しかし、少なくとも出走した80人弱全員が参加するスプリントは危険極まりありません。

大多数の選手が最後のゴール勝負だけ狙っているのであれば、それを逆手に取り本気で逃げるか、折り返し地点でペースアップして脚を削るなどレースを厳しいものにすべきでした。

熊野では今回のように後味が悪い思いをしないよう、積極的に走りたいと思います。

E2ではミキさんが見事6位入賞!
P1290657.jpg
先週の借りを返しました。
表彰式が数時間後と遅いので、ミキさんを一人残して仕事へ向かってしまいました、、、。スイマセン。

P5260150.jpg
アオキ総監督とメカ様に送り出されスタート地点に向かうワタクシとフジムラさん。
posted by mikiya at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | レース