2014年03月05日

edco

P1320981.jpg
あまり聞き慣れないですが「エドコ」というスイスブランドのホイールです。
代理店さんからARGON18の試乗車と共にお借りしています。

「ぜひご自身の自転車で乗ってみて下さい」と言って頂いたので、遠慮無く昨日乗ってみました。
P1320967.jpgP1320974.jpgP1320987.jpg
25mmハイトのゼンティス製リムで組まれた「Neggia Light(ネギア・ライト) スーパースポーツ」というモデルです。

カタログは重量989g。
実測できていないのですが、持ってみるとタイヤ付きでも相当軽いです。

でも実際に乗るまでは大して期待していませんでした。
これくらい軽いホイールで、レースの使用に耐えうる剛性があるものはなかなかありませんから。

ところが、、、乗ってみたらビックリです。

重量と剛性、この二つは相反する性能で普通は片手落ちになるのですがこれは違いました。
まるでシャマルなどのアルミスポークのホイールのような剛性感でありながら、それでいて踏み出しは恐ろしく軽い、とケチのつけようがありません。
リムが相当軽く硬いのでしょう。

ヒルクライムはもとより、ストップ&ゴーが多いクリテリウムにも向いていると思います。
リムハイトは低めですがその分横風の影響が受けにくくなり、ハンドリングも安定して良いですね。
軽量ホイールの場合は特に重要な要素です。

また、ブレーキシューはアルミ用が使用できるため交換する必要が無く、ブレーキングもクセが無く掛けやすかったです。

リムハイトが違えどレースで使用しているLightweightと比べると、性能面は遜色なく、価格、実用性は圧倒的にEDCOに軍配が上がります。

スポークホイールなのでトラブル時にも振れ取りやスポーク交換もできます。
最初から振れが出ているためブレーキングに難があり、スポークが折れただけでホイールそのものが使えなくなるLightweightよりも遥かに実用的です。

また、見た目もギラギラと存在感をアピールすることなく、控えめなedcoの方が好みです。
久々に心から欲しい、というパーツに出会いましたが約35万円とお安くはないのでした。

家で眠っているコレクションを少し整理しようかな、、、
posted by mikiya at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 商品
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/89031803
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック