2014年02月06日

XENTIS MARK 2 TT

更新が途絶えてしまいましたが、生き延びております。
症状は一進一退であまり変化がなく、自転車に乗ると症状が悪化するためなかなか乗れていないのですが、今日は調子が良くなったタイミングを見計らって乗ってきました。

20140206_2.jpg20140206_1.jpg
代理店からお借りしたXENTISのホイールを履いていきました。

見た目、音の迫力もさることながら、バトンホイール独特の勝手に回っていく感じが面白く気持ちよかったです。

普段はバトンホイールに乗る機会が無いため、どうしてもディープリムと比較してしまいますが、
・横風に弱い
普段は感じないくらいの風でも影響があります。一定で吹いていてくれれば良いのですが、一瞬の風向きの変化にはハンドルが持ってかれます。
特にトラックに抜かれる時は振り幅が大きくなり怖かったです。

・重い
前後でカタログ重量1.85kgもあるので仕方ないですが、スピードが20km/h以下に落ちるくらいの勾配の登りでは重さが気になってしまいます。

といったところが気になる点でしたがバトンホイールの宿命とも言え、それらが気になる場合はディープリムを使うべきなのでしょう。

デメリット以上に35〜40km/h以上で走った時の、スピードの持続性の良さに惹かれました。
平坦基調のT.T.にはすごい良さそうですね。
ブレーキシューも普段使用しているノーマルが使え、フィーリングも悪くなかったです。
乗り心地は少し硬めですが、許容範囲内だと思います。ハンドリングも特に癖が無く違和感無くコーナリングできました。

バトンが細く本数が多いホイールはスタイル先行だと思っていましたが、これは考えを改めさせられる一品でした。
これのお陰で今日の練習が非常に楽しくなり、無駄に頑張ってしまいました。
posted by mikiya at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 商品
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/86752749
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック