2016年03月13日

Nikola Innovation ZIVOペダルA〜ペダルキャッチ/サドル高

早速乗ろうとすると、ペダルキャッチがやけにしにくいです。
置くだけでキャッチできるSPEEDPLAYからの乗り換えだからかな、と思いつつよく考えてみるとペダルの角度によって位置が横に移動するからでした。

IMG_4462.JPG
通常は裏向きになっていて、(今のセッティングでは)ペダルが6時の位置では最もクランク寄りになります。

IMG_4465.JPG
それをひっくり返していくと段々外側に移動していき

IMG_4467.JPG
完全に表向きにすると最も外側になります。
ペダルをひっくり返しただけでこれだけ移動する、もとい逃げていくのでその動きを理解するまでキャッチできませんでした。
あいにく夜であまり見えない状況では困難を極めました。

その動きが理解でき、明るかった今朝はそれほど問題無くキャッチできました。

そして、乗ってみるとサドルがやけに低く感じます。

IMG_4536.JPG
シャフトの径が大きいこともあり、スタックハイトがかなり高いようです。

IMG_4541.JPG
違和感が無い位置まで上げてみました。矢印分、約10mm上がりました。

まずはネガティブな部分についてでした。
次回はQファクターについて書いてみたいと思います。
posted by mikiya at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174460806
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック