2015年06月04日

Haero Carbon H.253 Time Trial handlebar

昨日メカ様が悪戦苦闘してHaero CarbonをT.T.バイクに取り付けてくれたので、まず帰りに二子玉往復。
ステムを変えた影響でDHポジションが低く遠くなり、ブレーキレバーは低く近くなりシックリきません。
翌日じっくり試すことに。

そして今日。
再度乗っても印象は変わらず。
ハンドルを変えるのは面倒なので、まずはステムを元に戻します。
20150604_083144.jpg
低くてかっくぅいいのですが、ちょっと無理でした。

20150604_092717.jpg
そしてこうなりました。
変化を試すべくV通りへ。


平坦もですが、特に登りのダンシングは感動するくらい軽くなりました。ロードと同じ感じで走れ軽々と車体を振れます。
期待以上のフィーリングです。
そしてエアロバーとパッドの位置は以前とほぼ同じなので違和感なし。

P1420677.JPGP1420672.JPG
しかし、ブレーキを掛ける時がまだ慣れません。ハンドルを握るというよりも掴む感じになり、下りでブレーキをかけた時に体が前方に押し出されるのを支えることができません。手がハンドルから前にズルっと落ちてしまいそうになります。
平坦のブレーキングは良いのですが、急勾配の下りやスピードが出ている時には難儀しそうです。
自分はそんなコース走らないと思うので問題無いとは思うのですが、群馬や広島では使いたくない感じです。

しかしハンドル一本でここまで変わるとは思いませんでした。強力な武器を手に入れてしまいました。
posted by mikiya at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/137825389
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック