2015年05月17日

走行会&PROFILE 38 TWENTY FOUR

走行会の集合場所に着きメンバーを見ただけで脚がいっぱいになってしまいました。



どんどんローテーションして脚をためようと企んでいると、むしろ自分の牽くペースが遅いのかあまり先頭に居させてもらえません。
登りの度にドカンとペースが上げるレースごっこが無く走りやすいのですが、その分休みどころが無くまさにレースペースで進みます。

2周目は信号ストップが少なく高速ローテーションが繰り返され過去最速ラップを刻むことができました。
久しぶりに最高心拍も180を超え、ガッツリ追い込めて良かったです。

P1080649.JPG
そして試し履きしているPROFILEの38/TWENTYFOURクリンチャーですが、 (良い意味で)普通で良かったです。

リムテープ装着状態の実測重量はフロント:707g、リア:850gと特別重くも軽くもありません。

いつもレースで使用しているVITTORIA QURANO 46と同じようなリム形状ですが、乗り味はそれをそのままリム重量を重くした感じです。その分チューブラーの軽快感は薄れはしますが、剛性感は必要十分で、特に不満が無いレベルです。
得意分野はやはり高速巡航時。ギヤを掛けてスピードを上げていくほど踏み心地が良くなり、ホイールがさらに回っていく感じが得られます。
P1080657.JPG
30km/h過ぎから空力の良さを感じられ始め、40q/h以上になるといつもより明らかにホイールが前方からの風圧に押し戻されなくなります。
リム重量のある38mmのクリンチャーワイドリムなので横風の影響はあまり感じませんが、風が巻いていて右〜左〜右というような一瞬で風向きが変わる状況ではさすがにハンドルが持っていかれました。

P1080653.JPG
また、ブレーキのタッチもごく自然で良かったです。今日使った感じだとそれほど減りも早く無さそうです。
ちなみに交換用パッドは4個セットで約2,000円なので、ランニングコストも抑えられますね。

P1080661.JPG
そして、ホイールはCYCLECUBE価格172,360-(前後)とかなりお手頃なので、普段使い〜レースまで1本のホイールで済ませたいという方におススメです。
ちなみに38mmの他に58mm、78mmがラインナップされていて、それぞれチューブラー/クリンチャーの設定があり前後バラ売りしています。細かに自分好みの仕様が選べるあたり良心的ですね。
輸入元ホームページ

posted by mikiya at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/131431257
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック