2014年09月21日

全日本実業団

アオキクンとは大人の事情で航空会社が異なるため広島空港で集合です。
何でもお母様もワタクシの応援のためにはるばる仙台からいらっしゃるとのこと。
→後でよく考えたら普通にアオキ兄の応援でした。

予定通り飛行機に乗り無事広島へ、、、のはずが、いきなり
・向かい風が強いため定刻より遅れる旨のアナウンス
次に広島に着いてからも
・駐機場が混み合っているため、空くまで待機のアナウンス
8:15着予定が降りたのが8:40。スタートまで50分しかありません。正直かなり焦りました。
とっくに着いていたお二人に挨拶もそこそこに合流し、タクシーに飛び乗りレース会場へ。

既に自転車とウエアの準備は万端なので着替えてアップしますが、スタートの15分くらい前からセレモニーが始まり満足にアップできず。
そうこうしているうちにスタート。
ペースが速いのか自分の調子が悪いのか、アップの時に感じていたこの上ない脚が重さがそのまま残って消えません。まるで朝練直後のような倦怠感です。

そして1周目なのに上りで脚が止まり終了。
意外に自分以外にも遅れた人が多く20人くらいの集団で走り続けますが、半分位の80kmで下ろされました。
ただ単にアップ不足だけなのか、強行日程か、はたまた実力通りなのか、何が原因か特定が難しいですが、ここまで走れないレースは初めてでした。


あまりにショックなので、空港のお好み焼き屋で盛大に反省会。
思う存分お好み焼きと地ビールを堪能しました。

羽田に着いてからも、反省が足りん!と言われアオキクンと蒲田で反省会。
20140921_195101.jpg
今回は補給の機会が何度か有り、アオキクンが居てくれて助かりました。
また、他チームながら自転車を往復運んでくれた方、受付やゼッケンなどの準備をしてくれたチームメイト、わざわざ仙台から応援に来てくださった(違)アオキクンのお母様、サポートして頂きありがとうございました。
全く報いることのない走りでしたが、次戦のいわきクリテは一番相性の良いレースでもう後がないので何が何でも、、、







posted by mikiya at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | レース